ウォッチガード、ネットワークセキュリティ可視化ツール機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォッチガード、ネットワークセキュリティ可視化ツール機能強化


掲載日:2015/07/27


News

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は、ネットワークセキュリティ可視化ツールの機能を拡張し、可視化と管理機能の向上を図った「WatchGuard Dimension 2.0」をリリースする。同社のUTM(統合脅威管理)/NGFW(次世代ファイアウォール)ユーザに無償で提供される。

 「Dimension」では、ユーザのネットワークに導入されている同社の全アプライアンスからデータを収集し、様々な可視化画面を利用することで、脅威の抑止に利用できるインテリジェンスに変換できる。今回の機能拡張では、可視化能力とパフォーマンス性能の向上、詳細なシステムヘルスレポートに加え、優れた監視機能を備えたCyberloafing(ネットの私的利用)ダッシュボードが追加される。また、プレビュー版として、複数のネットワーク制御機能も追加され、ネットワークの可視化で得られるインテリジェンスを活用することで、IT管理者は課題に対して迅速に対応できる。

 より洗練されたインターフェースに変更されたことで、従来のUIに比べ操作性が向上し、迅速に問題の特定や変更を行なえる。Cyberloafingダッシュボードでは、従業員がいつ、どのようなアプリケーションに接続し、どのくらいのネットワーク帯域幅を消費しているかを容易に把握できる。また、各従業員に対してアクセス権限を個別に設定でき、容易に事前定義されたロール/グループを選択、または新規のロール/グループを作成し、適正なポリシー制御を行なえる。

 2015年内にリリースが予定されているプレミアム追加オプション「Dimension Command」では、ネットワーク制御とセキュリティ構成を容易に行なえる。ハブ&スポークVPNを利用でき、支社/支店へのセキュアな接続環境を構築するためのVPNトンネルを迅速/容易に設定・管理できる。IT管理者はネットワークに脅威を与えるIPアドレスやドメイン名をクリック操作で迅速にブロックまたは再接続できる。また、各アプライアンスに素早く接続でき、ポリシー変更を迅速/容易に行なえるほか、構成履歴検索では、問題が特定された際に過去のポリシーを迅速に検索でき、必要に応じて以前の構成に戻せる。更に、CPU/メモリ/物理インターフェースの利用状況を容易に把握でき、必要に応じてドリルダウンして調整できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

アプリ脆弱性に迅速に対応するインターネット分離後の運用管理 【ヴイエムウェア】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】 FEREC 【ネットスプリング】
UTM UTM UTM
インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると…… ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。 IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062972


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ