イントラマート、CRMから業務進行状況を管理できる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イントラマート、CRMから業務進行状況を管理できる製品を提供


掲載日:2015/07/24


News

 株式会社NTTデータイントラマート(イントラマート)は、セールスフォース・ドットコムが提供する「Sales Cloud」に、イントラマートが提供するWebシステム基盤「intra-mart Accel Platform」を連携させ、CRMから業務プロセスの進行状況を一元管理できるソリューション「Salesforce連携intra-mart業務プロセステンプレート」の提供を開始する。

 「Salesforce連携intra-mart業務プロセステンプレート」は、業務プロセスが「Sales Cloud」とシームレスに連携することで、顧客の静的な情報に加え、社内外のやりとりを含む動的な業務プロセスまでも含めて、Salesforceの顧客情報の一元管理のカバー範囲拡大を図れる。また、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドアプリケーションのマーケットプレイス「AppExchange」に同ソリューションを登録することで、ユーザの利便性向上を図れる。

 intra-mart側から顧客ごとの業務プロセスの進捗ステータスをSalesforceに送ることで、Salesforce側のステータスを変更でき、“作業開始”“作業完了”“出荷開始”“出荷完了”などの状況を確認できる。作業履歴もSalesforce側で顧客ごとに表示でき、顧客軸で状況を一元管理できる。

 受注後の納品や対応での作業内容に応じた要員の自動手配、スケジュールの自動登録、作業中の電子マニュアル参照、本社への対応問い合わせ、作業完了手書きサイン(エビデンス)、エビデンスの自動PDF化、文書管理フォルダへの自動登録、作業内容データからのERPへのデータ連携など一連の業務をプロセス化し見える化・自動化できる。また、業務プロセスの処理単位で計測している時間データを活用することで、業務のボトルネック個所の発見や業務改善による顧客対応の速度/品質の向上を図れる。

 なお、同ソリューションは株式会社ケイズコーポレーションと共同開発されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 Oracle Service Cloud 【日本オラクル】
CRM CRM CRM CRM CRM
エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062969


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ