DNP、プリペイド機能付きポイントカード導入支援サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、プリペイド機能付きポイントカード導入支援サービスを開始


掲載日:2015/07/23


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、プリペイド機能付きポイントカードを安価で短期間に導入できる支援サービスを開始した。

 今回開始されたサービスでは、サービス要件の策定からカード製造、各種管理システムの構築/運用までを総合的に支援する。カード管理システムとして、「DNPハウスプリペイド決済サービス VALUE TACTiX」と、「DNPポイント会員管理システム POINT TACTiX」を連動させて提供する。

 企業からの要望が多い機能をあらかじめ装備していて、高品質のサービスを安価かつ短期間に導入できる。会員管理やメール配信、Webサイトの会員ページ、残高管理など、プリペイドとポイントのサービスに必要な機能を一括して提供する。

 1枚のカードで、プリペイドとポイントの両方のサービスに対応でき、店内のカードリーダやPOSレジシステムとカードがあれば、会員のポイントやプリペイドのバリュー(金額)の加算/減算や残高確認を行なえる。企業は、会員のカード利用状況に応じて、お得情報やクーポンなどをメールやWebサイトの会員ページに配信できる。会員は、会員ページで自分のポイントやプリペイドの残高を確認できるほか、お得情報やクーポンなどを受け取れる。

 共用のシステム環境をクラウド型で提供することにより、導入期間短縮とコスト削減が可能。磁気カード/バーコードカード/ICカードなど、様々なカード媒体に対応する。カードの利用履歴データ及び会員属性の集計/分析により、ターゲットになる会員の選別や、メール/DM(ダイレクトメール)での販促を行なえる。

 価格は、会員数50万人までの場合、初期費用が500万円から、月額運用費が50万円(決済金額に応じた従量課金分が加算される)から。別途、カード/台紙製造やチラシ作成、POSレジ改修などの費用が必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 Oracle Service Cloud 【日本オラクル】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】
CRM CRM CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062938


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ