ロジカルテック、ブラウザ・メール専用ウイルス予防ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジカルテック、ブラウザ・メール専用ウイルス予防ソフトを発売


掲載日:2015/07/22


News

 ロジカルテック株式会社は、仮想化技術を活用し、ブラウザとメールに特化したインターネットウイルス予防ソフトウェア「iVaccine」(アイワクチン)を8月に発売する。

 「iVaccine」は、事前に設定したブラウザやメールソフトの利用を仮想環境により既存の環境から隔離することで、ブラウザとメールを経由したウイルスに実行可能な環境を与えずに常駐・拡散を予防するソフトウェア。注意不足から不審なリンクをクリックしたり、ウイルスの埋め込まれたファイルを直接開いたりした場合でも、独自の仮想ファイルシステム内で行なわれるため悪意のあるプロセスの実行を防ぐことができる。

 これにより、標的型攻撃メールや未知のウイルスの予防にも有効になるほか、マイクロソフトのファイルシステムを使わないため、サンドボックスでは防げないマルウェアの実行も阻止できる。また、利用者は普段使っているデスクトップまたはVDIの仮想デスクトップ画面をそのまま操作できる。

 価格は、管理サーバが30万円、クライアントが年額4800円。


出荷日・発売日 −−−
価格 管理サーバ:30万円、クライアント:年額4800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062901


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ