データセクション、Twitterの不適切投稿監視サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データセクション、Twitterの不適切投稿監視サービスを提供


掲載日:2015/07/21


News

 データセクション株式会社は、Twitter上のデータに存在するリスク情報を素早く効率的に把握できる、不適切投稿監視サービス「Social Monitor」の提供を開始した。価格は月額8万円から。

 「Social Monitor」は、Webブラウザ上で利用でき、担当者自身で効率的な検索や各種キーワードなどの設定が可能。テキストマイニング技術により、重複ツイートを集約できるほか、発言者のフォロワー数を集計して露出量を把握でき、データ集計の手間を削減できる。効率的に情報を検索できる画面を備え、大量のデータから重要な情報を素早く発見できる。

 自由なキーワード設定やオリジナルのリスク辞書作成が可能で、柔軟にリスクを分析できる。日次レポートや閾値を超えた際のアラートレポートのメール配信、データのCSVダウンロード、特定のアカウントのモニタリングなどの機能も備えている。

 これらにより、早期のリスク対応、情報漏洩対策を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額8万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062877


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ