採用:ANA、日立のプライベートクラウドを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ANA、日立のプライベートクラウドを導入


掲載日:2015/07/16


News

 株式会社日立製作所(日立)は、全日本空輸株式会社(ANA)が利用する新たなITインフラ環境としてプライベートクラウドを構築し、従量課金制のPaaS(Platform as a Service)型クラウドサービスとして提供開始したと発表した。

 今回構築されたプライベートクラウドの基盤には、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」やディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」、統合システム運用管理「JP1」などのプラットフォーム製品を採用したという。

 ANAグループは、2014年度〜2016年度中期経営戦略で、2011年度から2016年度までの累計で1360億円のコスト削減を目指しており、ITコストの見直しや生産性の向上に向けた構造改革に取り組んでいるという。こうした背景のもと、日立はANAグル−プに対してITリソースの柔軟かつ効率的な利用を支援するプライベートクラウドの導入を提案し、採用されたとしている。

 同社は、ANAに対してプライベートクラウドを従量課金制のサービスとして提供するとともに、従来、各部門が個別に構築し、運用/管理していた各業務システムの大半を、同プライベートクラウド上に統合/集約するという。これにより、各業務システムの要件に応じて最適な性能/容量/信頼性を備えたITリソースを必要な時に必要な量だけ利用し、ITインフラの運用/管理にかかる業務負荷やコストを低減することが可能になると述べている。

 今後、ANAは2019年までに運航系システムや整備系システムなどANAグループの大半の業務システムを同プライベートクラウド上に順次移行する予定で、ITシステムの効率的な利用・運用とコスト削減を図るとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「プライベートクラウド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プライベートクラウド」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062843


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ