矢野経済研究所、ものづくりソフトウェア市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、ものづくりソフトウェア市場に関する調査を実施


掲載日:2015/07/16


News

 株式会社矢野経済研究所は、次世代ものづくりソフトウェア世界市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は2014年12月〜2015年6月、調査対象は製造業向けソフトウェアを提供する大手ベンダなど。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による面接取材/電話・メールなどによるヒアリングを併用している。

 同調査では、次世代ものづくりソフトウェア世界市場とは、製造業がものづくりを円滑に行なうために活用していたPLM(Product Lifecycle Management)、MOM/MES(Manufacturing Operations Management/Manufacturing Execution System)、SLM(Service Lifecycle Management)に、IoT基盤を加えたものと定義した。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つめは、IoTを活用することで、製造業には新たな動きが起きており、インダストリー4.0やインダストリアル・インターネットとして注目されている。こうした製造業での新たな動きは、ソフトウェアにも大きく影響を与えていることから、同調査ではIoTを活用した製造業におけるソフトウェアを次世代ものづくりソフトウェアとして捉え、2014年の次世代ものづくりソフトウェアの世界市場規模を181億8000万USドルと推計した。

 2つめは、今後デジタルツイン(電子的な双子)という考え方が重要になるという。これは、現存する工場や製品について、全く同じものを仮想的(バーチャル)に再現することを指すが、次世代ものづくりでは、現存する工場や製品のデータをIoT技術により取得/収集/蓄積し、それとデジタルツインとを紐づけることで、コンピュータ上でのシミュレーション精度の向上が図られることになると述べている。

 3つめは、IoTの活用により工場や製品から発信されるデータ量は増加の一途となるが、企業は全体最適を可能にする企業情報システムの構築を急ぐ必要があるという。国内製造業の生産現場の情報システムは分断されていることが多く、特に生産実行系とエンジニアリング系とのデータ連携は今後重要になると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 【日本電気】 ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 【株式会社ネットワールド】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 DiskDeleter 【ホワイトポイント】
統合運用管理 垂直統合型システム 無線LAN 無線LAN 暗号化
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062837



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ