導入:楽天、Boxの社内コンテンツ共有プラットフォームを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


導入:楽天、Boxの社内コンテンツ共有プラットフォームを導入


掲載日:2015/07/16


News

 Box Inc.(Box)は、楽天株式会社がコンテンツ共有プラットフォームとして「Box」を導入したと発表した。

 「Box」は、会社のすべてのファイルを安全に保管/共有/管理できるクラウドプラットフォームで、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションを統合できる。

 今回の導入により、楽天はグループ企業を含む国内外で働く従業員間のモバイル環境下で安全なコンテンツ共有が可能になったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

コンテンツ制作・共有クラウド ビジュアモール スマートカタログ 【ソフトバンク コマース&サービス】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 クラウドストレージは情報ガバナンスと利便性を両立できるか 【Box Japan】 セキュリティ機能付きファイル共有アプリ 「CLOMO SecuredDocs」 【ソフトバンク コマース&サービス】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
全日本空輸(ANA)8000名への導入を始め、約400社、15万ユーザーが活用するマルチメディアコンテンツ制作・共有管理クラウド。訴求力の高いコンテンツをセキュアに共有。 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 業務で安心して利用できるクラウドストレージとは何か。いまある環境を生かして、アクセス管理などのきめ細かな制御を実現するBoxは、具体的に他と何が違うかを解説する。 秘匿性の高い業務ドキュメントは、シークレットモードが利用でき、アプリ間のデータコピー制限など監視・管理機能が大幅に強化されているファイル共有アプリ。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062834


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ