東芝、15.6インチビジネスノートPCの低消費電力モデルを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、15.6インチビジネスノートPCの低消費電力モデルを拡充


掲載日:2015/07/16


News

 株式会社東芝は、超低電圧版CPUのバリエーションを拡充した15.6インチビジネスノートPC「dynabook Satellite B75/B65」を7月27日に発売する。

 「dynabook Satellite B75/B65」は、低消費電力の第5世代Coreプロセッサを搭載し、最大消費電力を45Wに低減しているほか、同社のすり合わせ技術により、低消費電力CPUの性能を活かしながら約9時間(HD液晶画面搭載モデル選択時)駆動できる。電力需要の高い昼間の就労時間帯にバッテリ駆動だけで長時間使え、消耗したバッテリを電気代の安い深夜電力(各電力会社と夜間料金契約が必要)で自動充電できる(“ピークシフト機能”を使うことで、ACアダプタが接続されていれば、あらかじめ設定した時間にAC電源からの電力供給が自動的に開始される)。

 SSDを搭載するモデルが選択可能で、HDDのように機械を駆動させデータを読み書きすることがないため、処理速度が高速になり、省電力/静音/低発熱量で、振動や衝撃にも強い。また、USB×4、RGBに加え、4K解像度のHDMI出力ポートなどを搭載しているほか、SSDや書き込み機能を有さないDVD-ROMドライブ、フルHD液晶画面や指紋認証センサ(「B75」で選択可能)、フルサイズテンキー付きキーボードなどが選択できるカスタムメイドメニューが用意されている。

  セキュリティ対策として、「B65」はCeleronプロセッサモデルにも“TPMセキュリティチップ”を搭載し、「B75」は“vProテクノロジー”に対応している。また、部品点数の改善で省資源化が図られているほか、最厚部で約23.9mmと薄型の筐体となっている。更に、移動や落下などによる振動/衝撃からデータを保護するための3D加速度センサやHDDフローティング構造を採用し、堅牢性を備えていて、第3者機関の100kgf面加圧テストや76cm落下テスト、30cc防滴テストといった評価テストによる検証も行なわれている。なお、これらのモデルはWindows 10アップグレードサポート対象予定となっている。


出荷日・発売日 2015年7月27日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062830


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ