DENGYO、火山監視など向け長距離無線LANの可搬パッケージを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DENGYO、火山監視など向け長距離無線LANの可搬パッケージを発表


掲載日:2015/07/15


News

 日本電業工作株式会社(DENGYO)は、火山などの自然災害現場からハイビジョン映像を伝送できる、長距離無線LANシステム「FalconWAVE」を使用した「臨時可搬パッケージ」をリリースする。

 「臨時可搬パッケージ」では、カメラ/アンテナ/無線装置類がパッケージ化されているため、電源を接続することで最短15分で災害現場などからライブ中継を行なえる。臨時でカメラを設置したい場合でも、自立電源を備えた「FalconWAVE2.4G」を利用することで簡単に設置/移動できる。

 監視/観測ポイント付近で約1km四方に配置する最大4カメラの映像を無線LAN集約できるほか、町役場などの対策拠点を結ぶ場合でも「FalconWAVE4.9G」で最長30kmの映像伝送が可能。更に、広域Wi-Fiエリア化によりスマートフォン/IPトランシーバーを操作できる環境を提供できる。

 15dBiと高利得で27度と広角のアンテナを備え、無線を利用する際の方向調整/設置設定を現場で簡単に行なえる。また、M2Mルーターを内蔵した「マルチカメラ監視mini3G版」を利用すれば、携帯電話3G回線を使った映像伝送も可能になる。

 赤外線サーマルカメラを使用することで、熱を感知して噴煙の様子を夜間でも映像で認識でき、24時間監視に対応できる。更に、レコーダに保存して、過去の変化の様子を確認することもでき、現場の活動状況の検証を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062812


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ