アクロニス、サービスプロバイダ向けクラウドバックアップを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクロニス、サービスプロバイダ向けクラウドバックアップを強化


掲載日:2015/07/13
更新日:2015/10/14


News

 アクロニス社は、サービスプロバイダ向けのクラウドバックアッププラットフォーム「Acronis Backup as a Service」を「Acronis Backup Cloud」に名称変更し、新機能追加を行ない、提供を開始する。また、サービスプロバイダがエンドユーザに対しセキュアなファイル同期・共有を提供できる「Acronis Files Cloud」の提供を開始する。

 今回強化されたクラウドデータ保護プラットフォームを利用することで、サービスプロバイダはクラウドバックアップ、ファイル同期・共有、ディザスタリカバリという3つのデータ保護サービスを自社のサービスとして提供できる。

 「Acronis Backup Cloud」では、グループ/ユーザ、バックアップ/復元管理コンソールのUIが刷新されている。ローカルバックアップ/復元や、Microsoft SQL、Microsoft Exchange、Windowsシステム状態、Mac OS Xのバックアップ/復元を行なえる。ローカルにあるバックアップデータをクラウドにコピーするステージング機能も備えている。

 「Acronis Files Cloud」は、同社のモビリティソリューション「Acronis Access Advanced」のファイル同期・共有機能を、サービスプロバイダが自社のサービスとして提供できるファイル同期・共有サービスプラットフォーム。セキュアで容易に操作でき、iOS/AndroidのモバイルデバイスやWindowsタブレットに対応したモバイルアプリが用意されている。Windows PC、Mac、主要Webブラウザにも対応している。マルチティア/マルチテナントの顧客管理を行なえ、FIPS140-2認定の暗号化機能を備えている。また、Odin Service AutomationなどAPSに対応した請求/プロビジョニングシステムと統合できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062767


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ