富士通、世界各国に対応する人事給与/人材管理業務BPaaSを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、世界各国に対応する人事給与/人材管理業務BPaaSを提供


掲載日:2015/07/10


News

 富士通株式会社は、グローバルにビジネスを展開する日本企業向けに、世界各拠点の人事と給与の状況を一元的に把握する人事給与/人材管理業務のアウトソーシング「FUJITSU BPOサービス グローバルHCMサービス」の提供を開始した。

 「グローバルHCMサービス」は、人事給与/人材管理業務のBusiness Process as a Service(BPaaS)で、英NGA Human Resources社(NGA)の人事給与業務システム「euHReka(ユリーカ)」のデータと、SAPのタレントマネジメントシステム「SuccessFactors」のデータをリアルタイムで連携させて提供する。更に富士通のBPOサービスのノウハウと経験を融合し、日本企業のグローバル展開を支援する。

 導入検討段階では、富士通が導入前のユーザ企業の人事給与/人材管理業務の現況を評価してコストを算出し、導入効果測定結果を提示する。導入決定後には、企業ごとに専任のサービスマネージャを配置し、同サービスを利用した人事給与/人材管理業務の企画から導入/移行/業務運用に到る工程を一貫して管理し、世界の全拠点での人事給与/人材管理業務の全体最適化を支援する。

 富士通が、NGAの世界30ヵ所以上のサービス拠点を通して同サービスを展開し、各国の社会保障制度や税制度などの法定要件、慣習的な業務プロセスなどを考慮した各国別の業務オペレーションモデルとドキュメントのテンプレートを提供する。これにより、ユーザ企業各拠点のプロセスやソリューションを標準化し、導入工数の抑制を図れる。導入期間の短縮とアウトソーシングにより、TCOの削減を図れる。また、各国の法改正に標準サービスで対応できることで、海外企業との統合/合併などにも迅速に対応できる。

 ワンストップで世界中の拠点に同一の人事給与/人材管理業務システムによるアウトソーシングサービスを適用できるとともに、リアルタイムに、グローバルで統一された指標で企業全体の給与業務のコストや人材活用/育成などの状況を把握し、コスト削減やより有効な投資、戦略的な人事に活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062761


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ