ロックインターナショナル、暗号化通信用の脆弱性検出製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロックインターナショナル、暗号化通信用の脆弱性検出製品を発売


掲載日:2015/07/10


News

 株式会社ロックインターナショナルは、未知の脆弱性を検出するファジングテストツール「beSTORM」の暗号化通信用のテストモジュールをパッケージ化した「beSTORM TLSパッケージ」を発売した。

 「beSTORM」は、プロトコル定義に基づいて可能性のある攻撃を自動生成し、それによる動的なテストを行なうことで、製品に潜む未知の脆弱性を検出する。

 今回発売された「beSTORM TLSパッケージ」では、暗号化通信で使用されるTLS/SSLの各バージョンに対応したテストモジュールがパッケージ化されていて、これらの通信を使用したアプリケーションのテストを効率的に行なえる。また、モニタリング機能で脆弱性を迅速に特定できるほか、攻撃エクスポート機能も備え、開発サイドへ迅速にフィードバックできる。

 独自プロトコル対応機能や、その他の対応プロトコルの中から、ユーザが必要なものを、同パッケージに追加して提供することもできる。


出荷日・発売日 2015年7月8日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない 【ラピド セブン ジャパン】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062748


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ