日本IBM、Hadoopデータを活用する機能を強化できる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、Hadoopデータを活用する機能を強化できる製品を提供


掲載日:2015/07/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、大容量のデータ管理と分析を行なえるオープンソースのApache HadoopとApache Sparkをエンタープライズ領域で容易に利用できるよう、「IBM BigInsights for Apache Hadoop V4.1」の提供を7月に開始する。参考価格は21万6200円から。

 「IBM BigInsights for Apache Hadoop V4.1」は、データサイエンティストといった専門家が使い慣れたツールでHadoopデータを活用できる機能を強化できる。また、同製品の「BigInsights Quick Start Edition」では、一部機能が無料で提供される。

 データサイエンティストやDB技術者が、SQLの高度な専門知識を活用しながらHadoopデータを分析できるBig SQLや、一般的な表計算ソフトウェアの感覚でMapReduce処理を実装できるBigSheets、文章データの構造を分析するテキスト分析機能が提供される。従来の機能に加え、Hadoop環境でオープンソースの統計解析用言語Rを実行するBig Rや、Big R上での機械学習機能の提供など、データサイエンティストの業務の生産性向上を支援する機能を強化できる。

 用途に応じた数種類のパッケージ製品として提供される。「IBM BigInsights for Apache Hadoop」は、IBMの付加価値アナリティクス機能と管理機能の基盤、オープンソース・コンポーネントを備え、ビッグデータの管理/保管/アクセス/分析に求められる機能を提供する。「IBM BigInsights Data Scientist Module」は、データサイエンティストの業務に求められる分析機能のBig Rや、機械学習機能、Big SQL、BigSheets、テキスト分析に対応する。「IBM BigInsights Analyst Module」では、Big SQL/BigSheets機能が提供される。「IBM BigInsights Enterprise Management Module」では、Hadoop環境の高度な運用ツールが提供される。

 「IBM BigInsights Quick Start Edition」では、「IBM BigInsights Data Scientist Module」の一部管理機能を除き、ほぼ同等の機能が無料で提供される(IBM有料サポートの提供なし、利用環境に制限あり)。「IBM Open Platform with Apache Hadoop」は、オープンソースのApache Hadoopのディストリビューションで、SparkなどのOpen Data Platform(ODP)Initiativeの成果を迅速に利用できる(オプションでIBM有料サポートの提供あり)。


出荷日・発売日 −−−
価格 参考価格:21万6200円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

機械学習からビジネス価値を引き出す5つのステップとは? 【ServiceNow Japan】 データガバナンス・フレームワーク 【SAS Institute Japan】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】 集計/分析ツール BizSpread(ビズスプレッド) 【NTTテクノクロス】 SAS Event Stream Processing Studio 【SAS Institute Japan】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
機械学習からビジネス価値を引き出す5つのステップとは? データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する? 富士通は顧客の興味・関心をどのように発掘しているのか? 集計業務を簡単にする集計、分析ツール。分かりやすいマニュアルや役に立つサンプルを搭載しており、ドラッグ&ドロップだけの簡単操作で集計作業が可能。 ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062742


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ