提携:ソースポッドの誤送信対策とOffice 365のアカウントを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ソースポッドの誤送信対策とOffice 365のアカウントを連携


掲載日:2015/07/09


News

 株式会社ソースポッドと株式会社グルージェントは協業し、Office 365環境でソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」を利用する企業向けに、グルージェントの「Gluegent Gate」を適用して、Office 365と「SPC Mailエスティー」のアカウント一元管理を可能にする「アカウント連携オプション」の提供を7月21日に開始する。

 「SPC Mailエスティー」は、主にOffice 365やGoogle Appsをはじめとするリレー設定可能なクラウドメールサービスのメール誤送信対策サービス。

 「Gluegent Gate」は、Office 365やGoogle Appsなど各種クラウドサービスへのアクセスを特定のネットワークや許可された端末(PC/スマートフォン/携帯電話)のみに制限するなど、各社のポリシーに沿ったアクセス制御に加え、統合ID管理/シングルサインオンを可能にするクラウドセキュリティソリューション。

 今回提供される、Office 365利用企業向け「アカウント連携オプション」では、Office 365のユーザ企業が「Gluegent Gate」を利用できるようになり、Office 365と「SPC Mailエスティー」のアカウントの一元管理が可能になる。また、両サービスそれぞれのアカウントメンテナンスが不要になるため、アカウント管理の工数を削減できる。

 また、協業第2弾として、「Gluegent Gate」経由でアカウント認証を行なうことで、「SPC Mailエスティー」の自己承認/一時保留/上長承認などのWeb確認画面への、ログイン画面での認証を省略できるシングルサインオンを提供する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは 【日本マイクロソフト株式会社】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 デバイス・ID管理の問題を解決しなければ、働き方は改革できない さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062739


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ