ラティス、XVLビューワで部品の着脱経路検出オプションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラティス、XVLビューワで部品の着脱経路検出オプションを発売


掲載日:2015/07/09


News

 ラティス・テクノロジー株式会社(ラティス)は、DMU(デジタルモックアップ)ツール「XVL Studio Pro」で、大容量3Dモデルによるサービス性検証機能「Path Planner オプション」を発売した。

 「XVL Studio」シリーズは、軽量3Dデータ“XVL”の編集と閲覧を行なうビューワ。「Pro」はデザインレビューに適していて、複数部品間の干渉チェック、干渉結果のリスト出力、断面の2D/3D同時表示、干渉部の断面生成といった機能を搭載している。

 今回発売された「Path Planner オプション」では、複雑な製品をXVLの3Dモデルで表現することで、対象となる部品が取り外せるかを自動で検出する。取り外せる部品に対しては、他部品との干渉を考慮した最適な取り外し経路を自動で検出できるので、検討時間を短縮でき、検討漏れも防げる。なお、自動検出にはKineo CAMの「Kineo Works」エンジンを利用している。

 算出された取り外し経路は、「XVL Studio」の工程機能によりアニメーションとして“見える化”して確認できる。更に、動的計測機能を利用することで、対象部品と他部品との距離を取り外し経路に沿って確認できるので、実際に部品を取り外すのに十分な隙間があるかも確認できる。

 「XVL Studio Pro」の対応バージョンは「Ver.13.2b」以降で、価格はライセンスが500万円、保守が100万円。


出荷日・発売日 2015年7月7日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062731


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ