採用:三菱総研DCS、アクロニス製品でファイルアクセスを管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:三菱総研DCS、アクロニス製品でファイルアクセスを管理


掲載日:2015/07/08


News

 米アクロニス社は、三菱総研DCS株式会社が、スマートデバイスにおけるファイル共有時のセキュリティと生産性の向上を図るため、ファイルアクセス/同期・共有ソリューション「Acronis Access Advanced」を導入したことを発表した。

 「Acronis Access Advanced」は、Acronis AnyData Engineをベースに開発されていて、安全でシンプルにファイルアクセスや同期/共有を行なえる。IT部門は、ビジネスコンテンツを制御しセキュリティを保証して、コンプライアンスを維持しながらBYODを導入できる。従業員は、任意のモバイルデバイスやノートPCなどを使用して企業ファイルにアクセスし、コンテンツをほかの従業員や顧客などと安全に共有できる。

 三菱総研DCSは、銀行/クレジットカードなどの金融関連業務のほか、千葉情報センターを核としたアウトソーシングやBPO業務を提供する企業。同社では、スマートデバイスの業務への活用に対する社内でのニーズの高まりにともない、2013年よりスマートデバイスの導入を検討開始したという。スマートデバイスの導入要件として“ファイルサーバへのモバイルデバイスからのアクセス”“ファイル共有”を挙げ、製品の比較検討や検証/要件定義/施行を経て、2014年に同ソリューションを導入したと伝えている。

 導入においては、情報セキュリティリスク管理の観点からファイル共有時に端末にデータを残さないことや、アカウントが既存のActive Directoryと連携できること、iOSとAndroidの2つのOSに対応していることがポイントとなった。また、構築したスマートデバイス向けVPNの中で動作できることや、同社のセキュリティ要件を満たすことが必要だったとしている。

 導入後は、移動中にスマートデバイスからファイルサーバ内にある資料の閲覧が可能になり、隙間時間の効率化を図れたほか、主要顧客先での作業の際に、保管場所からの自社支給PCの取り出し/リモート接続処理などの工程を省略でき、差分時間の有効活用が可能になったと伝えている。

 また、経営層や管理層が、重要事項の確認や期限の決められた業務などを外出先で確認できるようになったことや、顧客先での商談やプレゼンテーションの際に、ファイルサーバに保存されているデータにアクセス可能になったことも導入のメリットとして挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 kintone 【サイボウズ】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】 ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 「チームで使う」ことに特化したWebデータベース。用途に応じたアプリが用意されており、すぐに業務で使い始められる。
30日間無料でお試し可能。
複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。 参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062720


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ