EaseUS Software、ファイル同期製品の日本語新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EaseUS Software、ファイル同期製品の日本語新版をリリース


掲載日:2015/07/07


News

 EaseUS Softwareは、Google DriveやDropbox、OneDrive上にアップしているファイルやデータを最新の状態に同期するソリューション「EaseUS EverySync」の日本語版新バージョン「ver. 2.6」をリリースした。

 「EaseUS EverySync」では、PC上やFTPサーバ、Google Drive、OneDrive、Dropbox、ネットワーク共有ファイルなどを、指定したスケジュールどおり、またはリアルタイムに、自動的に最新の状態に同期できるソリューション。一方向/双方向の2つの同期方法から選べる。

 今回の新バージョンでは、最新のOneDrive SDKを採用し、より大容量のファイルの同期が可能になった。日本語化によって、効率的にデータやファイルの同期スケジュールを設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

クラウドコンテンツ管理 「ShareBase」 【Hyland Software】 「紙の資料がいい」という人も納得、ペーパーレス会議を実現させる3つのヒント 【インフォテリア】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】 PCからもタブレットからも効率的かつ安全にアクセスできるコンテンツ管理術 【インフォテリア】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
監視、管理を徹底し、セキュアな情報共有、コラボレーション促進を実現するクラウドコンテンツ管理。セキュリティを確保しつつ、ストレスなく手軽にファイルを共有できる。 「紙の資料がいい」という人も納得、ペーパーレス会議を実現させる3つのヒント 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? PCからもタブレットからも効率的かつ安全にアクセスできるコンテンツ管理術

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062682


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ