EaseUS Software、ファイル同期製品の日本語新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EaseUS Software、ファイル同期製品の日本語新版をリリース


掲載日:2015/07/07


News

 EaseUS Softwareは、Google DriveやDropbox、OneDrive上にアップしているファイルやデータを最新の状態に同期するソリューション「EaseUS EverySync」の日本語版新バージョン「ver. 2.6」をリリースした。

 「EaseUS EverySync」では、PC上やFTPサーバ、Google Drive、OneDrive、Dropbox、ネットワーク共有ファイルなどを、指定したスケジュールどおり、またはリアルタイムに、自動的に最新の状態に同期できるソリューション。一方向/双方向の2つの同期方法から選べる。

 今回の新バージョンでは、最新のOneDrive SDKを採用し、より大容量のファイルの同期が可能になった。日本語化によって、効率的にデータやファイルの同期スケジュールを設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル】 社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、業務改善のヒント 【日本オラクル】 情報共有/発信を自在に管理、安全・便利なコラボツール活用法 【日本オラクル】 モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。 社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。 メールでファイル共有、やめました――6社事例で知る課題と対策 情報共有/発信を自在に管理、安全・便利なコラボツール活用法 商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062682


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ