デル、Citrix対応のデスクトップ仮想化ポートフォリオを発表

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、Citrix対応のデスクトップ仮想化ポートフォリオを発表


掲載日:2015/07/07


News

 デルは、Citrix環境の導入展開を簡素化できる、デスクトップ仮想化ポートフォリオを発表した。

 今回発表されたのは、小規模な組織でもデスクトップ仮想化を迅速に導入・管理できるアプライアンス製品の新しいアーキテクチャ「Dell Appliance for Wyse - Citrix」と、エンドポイント管理製品「Dell Wyse Device Manager(WDM)5.5」、アプリケーションとインフラストラクチャの監視を行なう「Foglight for Virtualization」。

 「Dell Appliance for Wyse - Citrix」では、Citrix XenDesktopを1台のアプライアンス内で使用して、最大200ユーザまでのVDI環境を簡単にインストール・導入展開・実行できる。また、Wyse Xenithシンクライアントと組み合わせることで、エンタープライズクラスのデスクトップ仮想化ソリューションを構築でき、ユーザ数の少ない組織でも、XenDesktopのフル機能を利用できる。

 「Dell XCウェブスケール・コンバージドアプライアンスfor VDI」が提供され、スケーラビリティにともなうコストを予測できるほか、購入手続きが簡略化され、Nutanixベースの使いやすいシステム管理・監視機能が提供される。

 「Dell Wyse Device Manager(WDM)5.5」では、ユーザエクスペリエンス・正常性監視・スケーラビリティが強化されている。“WDM Health Monitor”機能は、新しい正常性監視インターフェースで、重要なパフォーマンス統計情報を分かりやすく確認できる。小規模組織向けに無料で提供される「WDM Workgroup Edition」のスケーラビリティが向上していて、最大250台のエンドポイントに対し同時実行でイメージを配布できる。また、より多くのシステム前提条件チェックが自動化され、インストール時に必要な操作が少なくなっていることで、より容易・迅速に運用を開始できるほか、エンドポイントのキーボードやマウスなどの周辺機器の事前構成を「WDM」内から行なえる

 デスクトップ仮想化環境を監視し、システムアナリティクスとパフォーマンスデータを取得する製品「Dell Foglight for Virtualization 8.2」では、パフォーマンスのボトルネックを特定して解決することで、ユーザエクスペリエンスの様々な側面を素早く分析し改善できる。

 なお、「Dell Appliance for Wyse - Citrix」は2015年夏に発売される予定で、「Dell Wyse Device Manager 5.5」は今後数ヵ月以内に発売予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 「VMware Horizon」をベースにしたVDIの仕組みと導入メリット 【ソフトバンク コマース&サービス】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】
VDI VDI VDI VDI VDI
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは VDIを導入するとどういいの? 効率よくメリットを享受する方法 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062676


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ