日本HP、サイバー防御の新手法を支援するセキュリティ製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、サイバー防御の新手法を支援するセキュリティ製品を発表


掲載日:2015/07/07


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ユーザとアプリケーション間の膨大なデータのやり取りを保護するための“サイバー防御の新たな手法”の採用を支援する、セキュリティ製品群を発表した。

 今回発表されたセキュリティ製品とサービスは、ユーザの行動分析機能や、データに重点を置いたクラウドアクセス保護機能、モバイルアプリケーション評判分析機能、状況に即した脅威情報共有機能、インシデントレスポンス機能を組み込むことで、“新たな手法”に対応する。

 セキュリティインテリジェンス製品「HP ArcSight User Behavior Analytics(UBA)」は、行動データと、より広範なネットワークイベントインテリジェンス機能を活用し、複雑な脅威の多くを検知できる。また、新しい「HP Cloud Access Security Protection」のプラットフォームは、非使用時/使用時/移動時にデータそのものをボーダーレスに保護することで、クラウドセキュリティの監視/統治/管理機能を提供する。「HP Atalla Information Protection and Control(IPC)」などのデータセキュリティ製品群と連携し、情報がクラウドの内外やプラットフォームを横断する際に、自動的にファイルを暗号化するセキュリティソリューションが含まれる。

 BYODポリシーを高度に管理できる、統合型のモバイルアプリケーション・レピュテーションDBが、クラウドベースのポータル「HP Fortify on Demand」に提供される。ユーザ/データ/アプリケーション間のやり取りを保護できるため、「HP Fortify on Demand」のユーザは、自社保有型のアプリケーションや、世界の主要アプリストアのアプリケーションで、無償のレピュテーション分析と行動分析をリクエストできる。また、自動でオープンな情報の共有を図れる「HP Threat Central」では、情報の状況に即した分析、セキュリティデータの優先順位や結果の特定を通じ、実際の行動を起こせる。

 また、FireEyeとのパートナーシップで、優れたセキュリティ機能を提供するため、「HP ArcSight」「HP Atalla」「HP Fortify」「HP TippingPoint」「HP Security Voltage」と、Adallom/Securonix/トレンドマイクロなどのソリューションを組み合わせることで、“サイバー防御の新しい手法”に即したセキュリティ戦略に対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 【富士通】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 インフラの俊敏性を最大限に引き出す「高セキュリティHCI」とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062669


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ