テリロジー、システムの障害原因や性能を解析するクラウドを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テリロジー、システムの障害原因や性能を解析するクラウドを発売


掲載日:2015/07/03


News

 株式会社テリロジーは、システムの性能データを収集/解析し、安定稼働と品質向上のための情報を提供する、月額課金の運用監視クラウドサービス「CloudTriage」を発売した。

 「CloudTriage」は、オンプレミスやパブリック/プライベートクラウドが混在した環境で、物理/仮想化ネットワークのサーバーやネットワーク機器、アプリケーションなどのサービス全体を一括で監視する。システム障害の原因解析を自動化し、体感品質を数値化することで、サービス品質を向上するための情報のレポートまで一元的に提供する。障害検知の早期化や、障害からの復旧時間短縮、運用業務の負荷軽減、コスト削減を図れるほか、システム障害の発生時には、どういう手順で復旧するかという、作業の優先順位を判断できる。

 障害原因解析(RCA:Root Cause Analysis)とユーザ体感品質測定(QoE:Quality of Experience)の2つのサービスで構成される。RCAサービスでは、論理/物理の区別や場所に制約されずに、システム障害の兆しをリアルタイムに通知し、障害発生時には自動的に原因を解析する。QoEサービスでは、利用者と同じ操作を登録し、定期実行することで、体感品質を可視化し、速度低下時にはユーザに通知する。

 価格は、RCAサービスが初期費用20万円から/月額利用料12万5000円から、QoEサービスが初期費用25万円から/月額利用料16万円から。


出荷日・発売日 2015年7月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス 【イーツ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062627


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ