日本IBM、SAP S/4HANA対応を支援するテンプレート群を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、SAP S/4HANA対応を支援するテンプレート群を発売


掲載日:2015/07/03


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、SAPジャパン株式会社のビジネススイート「SAP S/4HANA」への対応を、コンサルティングからシステム構築、運用/保守まで支援して、短期かつ安定的に導入可能にするSAPテンプレート・ソリューション群「IBM Global Express」を発売した。

 「SAP S/4HANA」は、インメモリプラットフォーム「SAP HANA」に対応しデータの高速処理や分析を可能にする、ビッグデータの活用に適した基幹業務システム。

 今回発売された「IBM Global Express」では、組織構造/法定帳票/税法対応/商習慣など、アジア/欧米を中心とした20ヵ国に対応した国別要件が組み込まれていて、日本企業の海外展開に向けたグローバル業務統合システム構築を支援する。

 日本独自の要件にも対応しているため、国内子会社の統合にも利用できる。自動車/加工組立系製造/化学/製薬など、業種に特化したソリューションも用意されている。システム化のニーズや対象業務エリアに合わせて、柔軟にソリューションを選択できるため、小規模な導入からビジネス成長に合わせて拡大することも容易になっている。

 日本IBMが持つ日本企業への導入実績やIBMがグローバルで蓄積してきたスキルを活用して、コンサルティングからシステム構築まで支援する。幕張(千葉)のAMSセンターで中国と連携した運用/保守も提供する。

 モバイル対応については、SAP Fiori/UI5に準拠し、各業種で必要になる業務をテンプレートに組み込んでいるため、迅速にモバイル対応ができる。ITインフラについては、自社でのサーバー環境の構築のほか、東京を含む世界中にデータセンターを配置しているIBMのクラウド・サービス「SoftLayer」や「SAP HANA on IBM Power Systems」を利用するなど、要件に合わせて柔軟に対応できる。

 価格は、テンプレート・ライセンスが400万円から(別途システム構築料が必要)。


出荷日・発売日 2015年7月2日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062625


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ