Sテック、スマートデバイス対応の勤怠管理アプリを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sテック、スマートデバイス対応の勤怠管理アプリを提供


掲載日:2015/07/02


News

 株式会社エスキュービズム・テクノロジー(Sテック)は、iOS/androidを搭載するスマートデバイスを活用した勤怠アプリ「Work fun」の提供を開始した。

 「Work fun」は、iOSに搭載された通信技術“iBeacon”を利用して、勤怠を管理するアプリ。スマートフォンやタブレット端末を親機として店舗に配置することで、従業員は親機の通信エリア内に入った時に、所持しているスマートフォンの専用アプリから出退勤のボタンを押下できる。これにより、本人以外の従業員が代わりに打刻するといった不正を防止できる。

 勤怠記録や業務連絡を“タイムライン形式”、月単位の全従業員の労働状況を“サマリー形式”で、親機/スマートデバイスの両方から即座に表示可能。店舗/本部の従業員がお互いの勤怠状況を共有/閲覧できるため、連絡用グループウェアとしても利用できる。使いやすいUIで簡単にシフトの入力/変更が可能なので、店長の負担を減らし、アルバイト従業員もシフトを確認しやすくなる。

 出勤/退勤の打刻は、“出勤/退勤/休始/休終”の中から選択し、パスワードを入力して押下という2ステップで完了するので、打刻が容易になる上、初めての利用でも操作を簡単に憶えられる。タブレットで運用できるため、打刻用の機器を置くことが不要で、省スペース化を図れる。

 同社のタブレット(iPad)型POSレジ/システム「EC-Orange POS」と連携が可能で、店舗の様々なデータを一元管理できる。店舗業務に必要な様々なデータを一元管理することで、本部での大規模店舗のデータ集計/管理/分析を行なえる。

 1店舗当たりの月額課金制のため、従業員数の増減によるコストの変動がない。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 Mobile Perfect SP 勤怠管理サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 勤給解決 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型勤怠管理サービス。ほかにもさまざまなサービスをそろえ、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。 カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062616


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ