シトリックス、XenApp/XenDesktopやXenMobileなどを機能強化

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シトリックス、XenApp/XenDesktopやXenMobileなどを機能強化


掲載日:2015/07/02


News

 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(シトリックス)は、モバイルワークスペースソリューション「Citrix Workspace Suite」の主要コンポーネント製品である「XenApp/XenDesktop 7.6」に機能を追加したほか、「XenMobile」「ShareFile」の機能を強化し、提供を開始した。

 「Citrix Workspace Suite」は、Windows/Web/モバイルなどのアプリケーションやデータ、サービスを様々なデバイスに配信できる。

 今回の強化では、「XenApp/XenDesktop 7.6」の「Feature Pack 2」の提供が開始された。新しい「Receiver」と「StoreFront 3.0」で、「XenMobile」のクライアント「Worx Home」が統合されたほか、ユーザ企業によるカスタマイズ可能領域が増えたことで、より完成度の高い企業アプリケーションストアの提供が可能になった。また、遅延やパケットロスが大きい、不安定なモバイルネットワーク下での画面転送パフォーマンスが向上している。

 SUSE/Red Hatに対応し、Windowsデスクトップ/アプリケーションの配信と同じ仕組みにのせて、Linux業務アプリケーション/デスクトップを安全/スムーズにリモート接続して利用できる。また、Microsoft Lyncを用いたビデオ会議/音声通話などを仮想環境でもスムーズに行なえる機能が、Windows/Linux環境に加えOS X向けにも拡張された。

 WindowsとそのアプリケーションをiOSで操作できるマウスソリューション「Citrix X1 Mouse」の提供も開始され、タッチインターフェースのみのAppleデバイスでマウス操作が可能になった。

 「XenMobile」では、「WorxTasks」がMicrosoft Outlookのタスクと統合された。Windowsデスクトップとモバイルデバイス間で、シームレスにToDoリストを追跡/管理/編集できる。また、XenMobileセキュアコンテナ内で動作する、Salesforceのモバイルアプリケーション「Citrix for Salesforce」を用いて、モバイルデバイスに最適化されたインターフェースで安全にSalesforceにアクセスできる。

 ファイル同期/共有サービス「ShareFile」では、利用可能範囲を社内LANに限定した上で、社外とのファイル共有範囲を柔軟に制限できる機能“Restricted StorageZones”が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

VDIに関するTCOや運用負荷の課題を解消するハイブリッド型に注目 【レノボ・ジャパン株式会社】 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 【日商エレクトロニクス】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 ユーザーの利便性を落とさないインターネット分離の方法 【ソフトバンク コマース&サービス】 アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】
VDI VDI VDI VDI VDI
従来型「VDI1.0」vs.低コスト型「VDI2.0」、実利用の差はどれくらい? NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 相次ぐ標的型攻撃の被害を受け、抜本的な対策として注目を集める方法が「インターネット分離」だ。これを手軽に、ユーザーの利便性を極力損なわずに実現する方法とは。 1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062611


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ