パーソナルメディア、iPad用ペーパーレス会議システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パーソナルメディア、iPad用ペーパーレス会議システムを発売


掲載日:2015/07/01


News

 パーソナルメディア株式会社は、メンバー登録などの管理操作を会議の現場で簡単に行なえる上、資料配布の制限/回収などのセキュリティ機能を搭載した、iPad用ペーパーレス会議システム「ZERO COPY Meeting」を発売した。価格は月額2万円から(iPadアプリは無償)。

 「ZERO COPY Meeting」では、会議の現場で、主催者(議長/座長/事務局)がメールアドレスでメンバーを招待したり、参加を希望するメンバーがBluetooth通信機能を利用して申請するなど、簡単な操作でメンバーを追加できる。出席者の急な交代や飛び入りの参加にも柔軟に対応できる。

 各種サービスを利用するための共通アカウントである“uID アカウント”を使用するため、専用のアカウントやユーザIDを新しく割り当てる必要がない。

 資料を配布する場合は、DropboxまたはOneDriveのアカウントに、資料(PDF)を格納する。資料ごとに配布オプションを設定でき、各メンバーが閲覧した資料は自動的/明示的な回収操作によってiPadから削除され、閲覧できなくなる。例えば、会議が開催中かどうか、または各メンバーが実際に会議に出席しているかどうかに応じて、資料の配布(閲覧可能)と回収(閲覧禁止)を自動的にコントロールできる。

 エクスポートの機能が用意され、閲覧した会議資料を各メンバーがほかの用途にも利用できる。エクスポートを禁止する設定も可能。会議資料の配布/回収のコントロールを柔軟に行なえるほか、閲覧者を確認でき、資料の不用意な拡散を防止し、機密資料が外部へ流出するリスクの低減を図れる。

 複数の会社/組織が集まるプロジェクト会議や、業界団体での会合、複数の省庁/自治体/民間会社が参加する協議会など、社外を含めた会議でも利用できる。


出荷日・発売日 2015年6月30日 発売
価格 月額2万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062590


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ