キヤノン、5000ルーメンのWi-Fi対応LCOS液晶プロジェクター発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、5000ルーメンのWi-Fi対応LCOS液晶プロジェクター発売


掲載日:2015/06/30


News

 キヤノンは、光学1.8倍ズームの全域でレンズの明るさを一定に保て、広角端から望遠端まで5000ルーメンの明るさで投写できるプロジェクター「WUX500」を7月中旬に発売する。価格はオープン価格。

 「WUX500」は、アスペクト比16:10のWUXGA(1920×1200ドット)の解像度に対応し、LCOSパネルを搭載したことで、網目のような格子感を抑えた滑らかで高画質な投写を行なえる。被写界深度の深いレンズを搭載したことで、ピントの合う範囲が広く、円柱や凹凸のある壁面にも鮮明な投写を行なえるため、プロジェクションマッピングなど、様々な用途に活用できる。独自の光学システムやレンズ技術を採用したことで、重さ約5.9kgで、幅約33.7cm×奥行き37.0cm×高さ13.6cmのコンパクト設計と高輝度・高画質を両立している。

 Wi-Fiに対応し、専用アプリケーションを使用してPCからワイヤレスで投写できるほか、USBメモリを直接プロジェクターに差し込んで静止画像を投写できるため、結婚式場や店舗などオペレーター不在の環境でも画像を繰り返し再生し、投写できる。また、接続規格HDBaseTに対応し、映像や音声などを1本のLANケーブルで最長100mの長距離伝送を行なえる。

 ネットワーク経由で複数のプロジェクターと複数のPCを接続できる“ネットワークマルチプロジェクション”機能に加え、会議に利用できる“ミーティングモード”や、1人の教員が複数の生徒のPC画面を選択して投写できる“クラスルームモード”、離れた場所からリアルタイムで同じ映像を複数のプロジェクターに投写できる“ブロードキャストモード”など、様々な投写を行なえる機能を搭載している。


出荷日・発売日 2015年7月中旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062570


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ