TSS LINK、情報漏洩対策ソフト新版でAdobe Acrobat DCなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSS LINK、情報漏洩対策ソフト新版でAdobe Acrobat DCなどに対応


掲載日:2015/06/30


News

 株式会社ティエスエスリンク(TSS LINK)は、重要ファイルへの不正アクセスや不正なファイル流出を防止する情報漏洩対策ソフトの新版「Pirates Buster for Document Ver.8.1」を発売した。

 「Pirates Buster for Document」では、ファイルを指定フォルダに移動・コピーすることで自動暗号化できるほか、ファイル利用時に利用者認証を行なうことで、第三者の不正アクセスを禁止できる。利用者ごとの利用権を管理する方式なので、文書に設定したパスワード忘れで開けないというトラブルも回避できる。またファイルに対して、閲覧のみ許可、コピー禁止、印刷禁止など、利用権限を設定して自動暗号化できるため、利用者と利用できる機能を制限できる。必要な人だけが必要な機能を利用でき、権限を持たない第三者の不要なコピーや印刷を禁止できる。

 利用者や暗号化文書、操作ログをサーバーで一元管理しているため、万一の際にトレースできるほか、ファイルが外部に流出した場合も、管理者側の操作で直ちに閲覧禁止にできるため、情報漏洩の防止を図れる。様々な文書データのセキュリティを強化でき、今回の新版では、Microsoft Officeファイル(Excel/Word/PowerPoint)/PDF/画像/動画/一太郎ファイル(一太郎ファイルの保護には別途「一太郎オプション」が必要)などに加え、Adobe Acrobat DC/Adobe Acrobat Reader DCに対応し、最新のPDF環境で利用できる。既存システムへ暗号化処理を組み込めるオプションなども用意されている。

 基本パッケージの価格は50万円(ユーザライセンス費/保守費別)。


出荷日・発売日 2015年6月29日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062555


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ