NI+C、SoftLayer上のサーバーを保護するセキュリティ対策を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NI+C、SoftLayer上のサーバーを保護するセキュリティ対策を提供


掲載日:2015/06/26


News

 日本情報通信株式会社(NI+C)は、トレンドマイクロ株式会社のサーバー向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を活用した、IBMのIaaS(Infrastructure as a Service)型クラウドサービス「SoftLayer」上のサーバー向けセキュリティ対策サービス「NI+C Deep Security機能提供サービス for SoftLayer」の提供を7月1日に開始する。

 「NI+C Deep Security機能提供サービス for SoftLayer」では、多層防御でサーバーを保護する機能をクラウド上で一元的に提供する。サーバーセキュリティに求められる、ウイルス対策(Webレピュテーション機能付)、Webアプリケーション保護、侵入検知/防止(ホスト型IDS/IPS)、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視の6つの機能を提供し、ユーザ企業の情報セキュリティの強化を支援する。

 SaaS(Software as a Service)型で提供されるため、ユーザはセキュリティ対策のために専用の管理サーバを用意することが不要で、手間や費用を抑えられる上、月額課金で利用できる。「SoftLayer」上で「Deep Security」を利用する際のサポートも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 【日立ソリューションズ】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 統合型セキュリティ対策ソリューション iSHERIFF CLOUD SECURITY 【ソフトバンク コマース&サービス】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか エンドポイント、Web、メールセキュリティを単一の管理コンソールで提供し、一元化されたポリシーをクラウドで管理、展開できる統合型セキュリティ対策ソリューション。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062523


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ