ゾーホージャパン、Active Directory ID管理ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、Active Directory ID管理ソフトの新版を出荷


掲載日:2015/06/26


News

 ゾーホージャパン株式会社は、Active Directory(AD)ID管理ソフト「ManageEngine ADManager Plus」の新版「リリース6.3」の出荷を開始した。

 今回の新版では、ADのOU(Organizational Unit:組織単位)の作成/変更/移動/削除を行なえる“OU管理機能”が追加されているほか、Microsoft Office 365/Google Apps連携機能のサポートが開始されている。ADManager Plusからユーザを作成できる。また、AD管理業務を効率化する機能が追加/強化されている。

 “OU管理機能”では、ADManager Plusから、OUを作成/変更/移動/削除できる。個別に操作できるほか、CSVファイルをインポートすることで、一括で作成や変更を加えることもでき、あらかじめ特定項目の値を指定したOU作成用テンプレートを用意することで、ADの更新作業を効率的に行なえる。

 Office 365/Google Appsとの連携機能では、ADにユーザを作成する際、Office 365やGoogle Appsにも同時にユーザを作成できる。Office 365の場合は、ADManager PlusからOffice 365のライセンスを割り当て/解除することもできる。

 CSVファイルに含まれるユーザとコンピュータのAD属性値を確認するレポートの作成機能が追加されている。Microsoft Exchange ActiveSyncポリシー管理では、ADとExchangeのユーザを新規に作成すると同時に、あらかじめ設定された適切なActiveSyncポリシーを割り当てられ、一括でインポートをした場合にも適用できる。Microsoft Exchangeメールボックスのアーカイブ管理では、ADとExchangeのユーザを新規に作成すると同時に、ユーザのアーカイブメールボックスが作成されるほか、Exchangeメールボックスを持つ既存のユーザに対しても、アーカイブメールボックスを有効化できる。

 価格は、利用するオペレータ数に基づくライセンス体系を採用していて、1ドメイン ライセンスの年間ライセンスが15万2000円、通常ライセンスが33万5000円、1ドメイン 5オペレータ ライセンスの年間ライセンスが47万6000円、通常ライセンスが117万5000円など。


出荷日・発売日 2015年6月24日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「ゾーホージャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 Entrust Datacard -Secure Trandactions 【エントラストジャパン株式会社】 クラウド“乱用”に悩むIT部門──ID統合管理とシングルサインオンのススメ 【東京エレクトロン デバイス+他】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 「自動車へのサイバー攻撃」をどう防ぐ? IoT時代のID認証技術とは 利用の広がるクラウドサービスだがID管理に関して課題を抱えているケースも多い。そうした中、この課題をクラウドで解決するサービスが注目を集めている。 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 狙われる“ID”――クラウド環境で急増するアプリIDをどう守る?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062514


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ