エイネット、自治体向けに災害対策Webマッピングシステムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイネット、自治体向けに災害対策Webマッピングシステムを提供


掲載日:2015/06/24


News

 エイネット株式会社は、地方自治体向けに、低価格な災害対策用Webマッピングシステム「EASY MAPPING」の提供を7月に開始する。基本機能サーバーインストール型の買取価格は、県単位10ユーザで120万円から。

 「EASY MAPPING」を使用することで、被災現場の住所、災害の種類、被害の状況など、自治体が定めたフォームに従って入力することで、自動的に地図上に記録でき、関連する行政支所などで情報共有できる。地図上にマウスでクリックした場所の位置情報から自動的に住所を入力することもできる。

 住所や被災状況などのテキストデータのほか、写真やビデオを記録できる。入力されたデータは、災害によって色や形が異なるマーカーで地図上に表示される。ネットワークに接続された場所であれば、これらのマーカーをクリックすることで、入力されたデータを閲覧できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 買取価格(県単位10ユーザ):120万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062487


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ