SSO、AC電源・LANポートを2重化したコンソールサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SSO、AC電源・LANポートを2重化したコンソールサーバを出荷


掲載日:2015/06/23


News

 セイコーソリューションズ株式会社(SSO)は、データセンターやサーバールームに設置されている各種情報機器の統合管理向けに、AC電源とLANポートを2重化し運用時の安定性を強化したコンソールサーバ「SmartCS NS-2250」シリーズの出荷を7月(予定)に開始する。価格はオープン価格。

 「SmartCS」シリーズは、通信機器をはじめとした各種情報機器が保有する、機器故障時のメッセージ出力などを行なうコンソールポートを統合収容し、運用性の向上とセキュリティの強化、障害復旧支援などの機能を提供する。統合収容により、サービス用のネットワークとは別の管理用ネットワークを確保することで、ネットワーク障害が発生した時にも同装置を経由して各機器へアクセスできる。

 監視対象機器が出力する各種コンソールメッセージを収集・転送でき、監視対象機器の障害発生時のメッセージログを活用することで障害個所の特定と復旧作業の短縮を図れる。また、セキュリティが求められるポートやログ取得などにも、細かなアクセス権の設定が可能。大規模で様々な権限を持つユーザが利用する環境でも、RADIUSやTACACS+による外部認証サーバを併用することで、アクセス権限を細かく、かつ容易に設定できる。SSHv2(Secure Shell version2)やsFTPなどの実装による通信の暗号化や前述のログ取得機能と組み合わせることで、監視対象機器への不正アクセス防止の強化とアクセスログの保存も可能になる。

 今回出荷される「SmartCS NS-2250」シリーズでは、AC電源とLANポートを2重化することで、信頼性の向上を図っている。これにより。コンソールサーバが接続されている電源やネットワークの1系統に障害が発生した場合にも、コンソールアクセスを引き続き提供できる。ポート数や電源種別に応じた合計6種類のモデルが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

システム運用自動化をどう実現する? 効果と手法から理解する自動化のポイント 【野村総合研究所】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 【レッドハット】 ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 原因が多岐にわたるWebアプリケーションの遅延問題を迅速に解決する方法は? 【ゾーホージャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用自動化をどう実現する? 効果と手法から理解する自動化のポイント 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 企業内ネットワークの課題にこそ改善チャンス 「攻めのIT」実現に必要なモノ 原因が多岐にわたるWebアプリケーションの遅延問題を迅速に解決する方法は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062470


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ