FJM、タブレット端末を活用したペーパーレス会議のSaaSを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、タブレット端末を活用したペーパーレス会議のSaaSを提供


掲載日:2015/06/23


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、タブレット端末を活用して会議のペーパーレス化を可能にするSaaS型ペーパーレス会議サービス「FUJITSU ビジネスアプリケーション AZCLOUD SaaS Discussion」の提供を7月1日に開始する。

 「AZCLOUD SaaS Discussion」では、タッチ操作で会議資料を配信/共有でき、会議参加者のタブレットの画面を同期させることにより、手元のタブレットでスムーズに資料を閲覧できる。会議資料にメモの記入や保存ができ、資料のペーパーレス化を図れる。

 ペーパーレス化することで、会議資料の印刷/配布/差し替えが不要になり、会議直前まで資料の更新が可能になる。資料の登録も一括で行なえ、会議資料準備の作業負荷やコストの削減を図れる。

 発表者が拡大/縮小した画面を閲覧者画面に同期できる。また、マーカー、メモ記入/保存、ポインターも同期できる。発表者と閲覧者の2画面を同時に閲覧可能。

 タブレットを利用することで会議資料の印刷やプロジェクター投影が不要になるほか、クラウドなので時間や場所を問わずに迅速な会議を開催できる。

 保存資料の暗号化や閲覧期限設定、配布資料の時限消去、端末紛失時の遠隔消去など、資料の重要度に応じたセキュリティ設定が可能なため、機密性の高い会議にも利用できる。

 また、コンテンツの一元管理とタブレットでの閲覧に機能を絞ったSaaS型電子カタログ「AZCLOUD SaaS Library」も提供される。両サービスでは、オフラインでも端末にインストールされたコンテンツの閲覧が可能なため、営業資料、製品カタログ、マニュアルの管理/閲覧などのツールとして利用できる。

 対応端末は、iOS 5.0.1以上を搭載したiPad/iPad miniと、Windows 8.1を搭載したタブレット端末。

 中堅中小企業でも導入しやすいように、同社のクラウドマーケットプレイス“azmarche(アズマルシェ)”では、10 IDから提供する。azmarcheでの価格は、10 IDの月額料金が「AZCLOUD SaaS Discussion」が1万5000円から、「AZCLOUD SaaS Library」が1万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題 【ドキュサイン・ジャパン】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】 更改迫る「J-ALERT」受信機、後継機種への移行をスムーズに行うための方法は? 【センチュリー・システムズ】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。 更改迫る「J-ALERT」受信機、後継機種への移行をスムーズに行うための方法は?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062461


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ