MSJ、主要CRMと連携しデータ入力の負担軽減を図れるアプリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MSJ、主要CRMと連携しデータ入力の負担軽減を図れるアプリを発売


掲載日:2015/06/22


News

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(MSJ)は、主要なCRMとリアルタイムに連携し、営業員がCRMのデータ入力の負担軽減を図れるモバイル・アプリケーション「おしえてスマホCRM」を6月26日に発売する。

 「おしえてスマホCRM」は、同社の「おしえてスマホ営業情報」にCRM機能を拡張し、連動する。「おしえてスマホCRM」は日々の営業活動や案件情報の管理を、「おしえてスマホ営業情報」は販売管理システムの情報を閲覧できるため、過去の販売管理の実績と、現状/今後の商談/活動情報を確認できる。ソース公開型アプリケーションで、カスタマイズや機能拡張をして自社ソリューションとして販売できる。

 標準搭載機能として各種販売管理システム(「販売大臣」「商奉行」「弥生販売」「PCA商魂」など)の情報をCSVファイルで取り込める上、同社のシステム連携プラットフォーム(EAI)の「Magic xpi Integration Platform」でシステム連携することで、主要なCRM/ERPとリアルタイムに連携できる。


出荷日・発売日 2015年6月26日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】 Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 Oracle Service Cloud 【日本オラクル】
CRM CRM CRM CRM CRM
エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。 BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062444


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ