富士通、ICT基盤を有効活用するSDNコントローラなどを提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ICT基盤を有効活用するSDNコントローラなどを提供


掲載日:2015/06/19


News

 富士通株式会社は、ハイブリッドクラウドに適したネットワーク環境を構築できるSDNコントローラ「FUJITSU Network VELCOUN-X」の提供を6月30日に開始する。また、既存の「FUJITSU Managed Infrastructure Service ネットワーク-LCMサービス」に、SDN対応ネットワークの導入から運用までのサポートを強化したインテグレーションサービスを追加し、6月30日に提供を開始する。

 「VELCOUN-X」は、Linuxサーバ上で動作するソフトウェア。プライベートクラウド基盤運用管理ソフトウェアや仮想化環境管理ソフトウェアと連携し、物理ネットワークなどの非仮想化基盤を含むシステム全体をGUIで1つの画面に可視化することで、サーバー配備にあわせてネットワーク接続変更を短時間で行なえる。SDNコントローラとして、スイッチ・ファイアウォール・ロードバランサなどのネットワーク機器を制御・管理でき、企業内の物理ネットワークと仮想ネットワークの設定や追加・変更を一括で行なえる。オープン指向で、他社機器とも柔軟に接続できる上、専用機器が不要なので、既存ネットワークにアドオンすることで容易に利用を開始でき、「VELCOUN-X」に障害が発生した場合でもネットワーク機器に影響を与えずに業務継続を図れる。

 これらにより、コストメリットや現状のリソース条件に基づいて、業務システムやクラウドサービスに適した環境を自動で設計し、構築できる。また今後は、「VELCOUN-X」と、ユーザのビジネスや業務に合わせてSDNを活用したソリューションを提案するインテグレーションサービスや、企業の広域ネットワークの管理・運用を効率化するマネージドサービス、各種クラウドを相互接続するためのネットワーク環境をテンプレート化して提供するサービスなどを順次開する。

 「ネットワーク-LCMサービス」に追加されるインテグレーションサービスは、2015年度中に提供を予定している、広域ネットワークのマネージドサービスやマルチクラウドに対応した接続サービスとあわせて提供され、より高度なSDN技術の導入を支援する。同サービスでは、SDN対応ネットワークの導入から運用までの支援に加え、ユーザにあわせて、求められる個別アプリケーションなどを開発し、提供する。

 価格は、「VELCOUN-X」が最小構成で30万円から、「ネットワーク-LCMサービス」が個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062424


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ