BMC、サービス管理プラットフォームの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BMC、サービス管理プラットフォームの新版をリリース


掲載日:2015/06/16


News

 BMCは、生産性向上を図れるサービス管理プラットフォーム「Remedy 9」をリリースした。

 「Remedy 9」では、ITSMの専門知識を活用して改訂された、新しいITエクスペリエンスが提供される。直観的で分かりやすいエクスペリエンスを提供することで、ITの作業内容を再定義でき、企業はデジタルサービス管理モデルを導入できる。また、エンタープライズ規模のデジタルサービス管理を提供するために構築されていて、エンタープライズ全体の生産性を向上させるデジタルワークプレースを提供するために、ITの機能を強化できる。

 新しいSmart Reporting機能では、カスタムレポートやダッシュボードをシンプルに作成することで、より優れた意思決定をより迅速に下すための洞察が提供される。Smart ITインターフェースが強化され、ITがよりスマートに作業できる方法が提供されることで、サービスデスク担当者の生産性を最大75%向上させられる。

 タッチ画面、予測変換テキスト、バーコードスキャナ、GPS(Global Positioning System)、プッシュ通知などを活用するモバイルファーストな設計を採用し、サービスデスクの機能を様々なデバイスで利用できる。BMCクラウドから提供されるほか、オンプレミスで装備できる。プラットフォームは、新型のJavaコードベース上に構築されていて、エンタープライズ規模のパフォーマンスと、RESTful API、CMDB、中断不要なアップグレードを同時に提供する。

 包括的なサービス管理ソリューションに対する更新が含まれ、MyIT 2.5やAtrium Configuration Management Database(CMDB)9などが含まれている。BMC MyITでは、BMC Cloud Lifecycle Management(CLM)と統合されたことで、セルフサービス機能が強化され、単一のITカタログを配備でき、全ITサービスをリクエスト/追跡できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

Senju Service Manager 【野村総合研究所】 “ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 【クレオネットワークス】 ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオネットワークス】 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド 【クレオネットワークス】 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 【クレオネットワークス】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 “ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング! イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062335


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ