レスパスビジョン、ベリファイ差分ファイルコピーOS Xアプリ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レスパスビジョン、ベリファイ差分ファイルコピーOS Xアプリ発売


掲載日:2015/06/16
更新日:2015/10/14


News

 レスパスビジョン株式会社は、OS X対応の軽量でシンプルな高速ベリファイ差分ファイルコピーアプリ「RapidCopy」をMac App Storeで発売した。

 「RapidCopy」は、“ベリファイコピー機能”により、ファイルコピー前後のデータ破損を高速にチェックできる。従来はコマンドやシェルスクリプトの使用が求められた“差分ファイルコピー”と“ハッシュによる整合性チェック”を高速かつ簡単に行なえ、rsyncコマンドに比べ高速に動作する。日本語/英語対応のシンプルなユーザインターフェースを備え、操作ミスの防止が図られている。

 ローカルディスクやファイル共有先をマウントし、ファイルやフォルダをFinderからドラッグ&ドロップで簡単にコピー元/コピー先として登録できる。コピー元には複数のフォルダ/ファイルを混在して登録できる。

 標準で“差分コピー”で動作し、その他目的に応じてファイルコピーのモードを変更可能。既にコピー済みのファイルに対して整合性のみをチェックする“ベリファイ”モードも搭載している。差分(上書きなし)/差分(サイズ・日付)/差分(最新日付)/コピー(全上書き)/同期(サイズ・日付)/ベリファイ(サイズ・日付)/移動(全上書き)/全削除という、5つのコピーモードと3つの特殊モードを搭載している。

 アーカイブメディアとして利用されるLTO(Linear Tape-Open)ドライブのオープンフォーマット“LTFS”に対応している。“LTFSモード”ではデバイスの理論値に近いスピードで安全/高速ベリファイコピーを行なえる。

 社内ポリシーに合わせて様々なベリファイハッシュアルゴリズムを選択できる。CPUに低負荷で高速な“xxHash”にも対応している。標準では伝統的な“MD5”アルゴリズムに設定されている。

 1回の実行につき1つのログを出力できる。ファイル単位での実行日時やハッシュ値なども記録されるので、簡易的なファイルコピー証明書としても利用できる。

 コマンドラインからも実行可能で、複雑で大量なファイルコピー業務にも対応する高機能版「RapidCopyPro」も7月から同社Webサイトで注文可能になる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062332


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ