パシフィックネット、データ物理破壊消去サービスリセラーに認定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パシフィックネット、データ物理破壊消去サービスリセラーに認定


掲載日:2015/06/15


News

 株式会社パシフィックネットは、電子記録メディア破壊機メーカーの日東造機株式会社から“Crush Boxプラチナサービスリセラー”に認定されたと発表した。

 日東造機の電子記録メディア破壊機「Crush Box」は、処理対象が3.5インチ及び2.5インチHDD、携帯電話の3種類で、HDDに穴をあけることができ、屑が飛び散らない設計になっている。また、持ち運び可能で出張(オンサイト)破壊も可能。

 パシフィックネットでは、「Crush Box」を使用した物理破壊をはじめ、データ上書き消去や磁気消去など、様々な消去方法でPCやタブレット、スマートフォンなどの情報機器のデータ消去サービスを提供している。また、マイナンバー制度にも対応したデータ消去証明書発行サービスも行なっているという。

 今回、同社が“Crush Boxプラチナサービスリセラー”に認定された理由として、いち早く「Crush Box」を導入、日東造機が定める技術講習を受講し、契約製品の市場における顧客満足度の向上に十分かつ継続的に取り組んでいることが評価されたからだと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062320



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ