採用:MKI、宮崎大学医学部附属病院に無線LAN環境を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:MKI、宮崎大学医学部附属病院に無線LAN環境を構築


掲載日:2015/06/12


News

 三井情報株式会社(MKI)は、宮崎大学医学部附属病院に、無線LAN環境のエリア拡充と安定した電波強度による教育研究活動・病院業務の効率化を目指し、無線LAN環境を構築したことを発表した。

 宮崎大学医学部附属病院は、病床数632床、22診療科で構成され、医師と看護師を合わせて約1000名の職員を有する宮崎県の医療施設。同病院はこれまでも、医療内容の高度化・多様化に対応すべく無線LAN環境を活用し、モバイル端末で電子カルテを閲覧するなどして医療活動にあたってきたという。

 これまで使用してきた無線LAN環境には、設計上の理由から移動中にネットワーク接続が切れるほか、病室の奥まで電波が届かないといった問題があったとしている。これらを解決するため、MKIは事前に4種類の異なるネットワークベンダの機器を用いて実環境でテストを行ない、シスコ社のアクセスポイント「Aironet 2700」シリーズが適していると判断して、設計・構築を行なったと伝えている。

 また、24時間365日止められない医療活動を支えるため、ネットワーク監視による障害時対応サービスもあわせて提供していると述べている。

 今回導入完了した研究棟での無線LAN環境の接続が改善したという結果を踏まえ、病院内でのアクセスポイントのリプレースを順次実施していく予定だとしている。

 今後、同病院では、電子カルテ閲覧用端末と通話用端末を統合させ業務の効率化を目指すほか、医師の負荷軽減に向けた労務実態把握のための位置情報の活用や、院内で開催される講習会のテレビ会議配信など、無線LAN環境の活用方法を検討していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062298


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ