ACCESS、移動に連動したサービスを可能にするクラウド統合を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ACCESS、移動に連動したサービスを可能にするクラウド統合を提供


掲載日:2015/06/11


News

 株式会社ACCESSは、IoT対応機器・サービスの開発/運用を効率化する、IoTクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect」で、人の位置情報や移動履歴に連動したサービスの構築を可能にする“Location Profile”を拡充し、主に、高齢者や子供の“見守りサービス”及び、特定施設での人の位置情報を活用した業務効率化のためのシステム導入を検討している企業や団体に向けて発売した。

 「ACCESS Connect」は、様々なデバイスをインターネットに接続するための組込み向けソフトウェア開発キットとサービスを、クラウドに連携させるためのBaaS(Backend as a Service)を一括して提供するパッケージソリューション。

 “Location Profile”では、新たに提供開始するキーホルダー型のBeacon(ビーコン)を活用して、人の位置/移動履歴情報を活用したサービスの構築/運用のためのプラットフォームを提供する。

 Beaconは、防水性に優れ、ストラップの装着が可能な(ストラップは付属しない)小型軽量のケースに、低消費電力の近距離無線通信技術“BLE(Bluetooth Low Energy)”のモジュールを内蔵している。電波は約1m〜30mで調整可能。

 同Beaconを身に付けた人が、対応アプリをインストールしたスマートデバイスや、専用の受信機の付近を移動した際に、そのBeaconのIDを受信/取得でき、人の位置情報をリアルタイムで把握できるようになる。取得されたデータは、「ACCESS Connect」のクラウドへ蓄積され、時系列の移動履歴データとして活用できる。

 具体的には、家の玄関に受信機を設置することで、同Beaconを携帯した高齢者や子供の外出/帰宅を、遠隔の家族のスマートフォンへ通知したり、学校施設に同様の機器を設置することにより、子供の登下校を親が遠隔から確認するといった“見守りサービス”のシステム構築・運用が、容易に低コストで可能になる。また、工場やオフィスなどで入退室管理や移動履歴システムに導入して、施設のセキュリティ向上に活用したり、従業員の行動履歴データを取得して業務効率向上に利用することもできる。

  写真:キーホルダー型Beacon(ボタン電池型)



出荷日・発売日 2015年6月10日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062263


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ