I-Oデータ、推奨同時接続台数100台のNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、推奨同時接続台数100台のNASを出荷


掲載日:2015/06/10


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、推奨同時接続台数を100台まで向上させたNASの、4ドライブモデル「HDL-Z4WLI2」シリーズと、4ドライブラックマウントモデル「HDL-Z4WLIR2」シリーズの出荷を6月下旬(予定)に開始する。

 両シリーズとも、Windows Storage Server 2012 R2 Standard Editionを搭載している。同OSでは、CAL(Client Access License)が不要なのでコストを抑えて導入でき、利用中に接続クライアント数を増やす場合でも追加費用が不要になる。また、Active Directory環境では、登録されているユーザ情報を利用してファイル・フォルダへのアクセス権限を設定でき、複数台を導入した際も同じユーザ情報を各々に登録せずに利用できる。

 同時接続ユーザ数は無制限で、データ重複除去機能による容量の節約機能も備えるなど、大企業の部門用途や中小企業での利用が想定されている。CPUにはCore i3を採用し、8GBのメモリを搭載することで処理速度を向上させ、PC100台の同時接続にも対応可能になった。また、低振動で省電力なNAS用HDD「WD Red」を搭載し、HDDも含めた3年保証が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? 【日商エレクトロニクス】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062256


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ