エプソン、定額従量制プリントサービスにA4複合機等3モデル追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、定額従量制プリントサービスにA4複合機等3モデル追加


掲載日:2015/06/09


News

 エプソンは、複合機などの本体/インク/保守サービスを、導入コストゼロ(搬入/設置を希望する場合は別途料金)/定額従量料金で利用できるプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」に、従来のA3複合機に加え、新たにA4複合機/A3プリンター/A4プリンターの3モデルを追加し、6月中旬から順次提供する。

 今回のプランの拡大により、A4プリンターは月額5000円、A4複合機は月額6000円(FAX機能はオプション)、A3プリンターの“ベーシック”(カセット2段831枚給紙)は月額8000円、“フルセット”(カセット4段1831枚給紙)は月額1万円の基本使用料金で利用できる。利用プリントサイズやユーザのカラー/モノクロの印刷比率、給紙容量などの機器構成により12プランの中から選択でき、例えば、A4プリンター“スタンダードB”プランでは、月額基本使用料金5000円でカラー400枚/モノクロ1000枚までが料金に含まれ、“フルカラーB”プランでは、カラー/モノクロ700枚までが料金に含まれる。また、基本印刷枚数を超過した場合は、1枚あたりカラー5円/モノクロ1.5円で利用できる。

 基本使用料金には、機器の利用のほかにインクなどの消耗品(用紙は含まず)や保守サービスも含まれ、インターネット経由でプリント枚数や消耗品残量情報を取得する“Device Status System”(DSS)により、ユーザが利用する機器の消耗品残量を同社が管理し、消耗品交換時期に、同社からの連絡で取扱販売店または同社が交換作業を実施するため、ユーザによる残量管理や手配工数を削減できる。

 なお、A3プリンターは、プリント速度がカラー/モノクロともに約24ipm、給紙容量は最大1831枚で、30万ページの耐久性を備えている。インクは、水に強くマーカーにもにじみにくい顔料インクを全色で採用し、約7万5000ページ印刷可能な大容量インクを搭載している(A3モデルの場合。A4モデルは5万ページ)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062219


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ