A10、高速化機能などを提供する仮想ADCをMicrosoft Azureに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


A10、高速化機能などを提供する仮想ADCをMicrosoft Azureに対応


掲載日:2015/06/05


News

 A10ネットワークス株式会社(A10)は、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)の仮想アプライアンス「vThunder ADC」をMicrosoft Azureに対応させ、Azure Marketplaceで提供を開始した。

 「vThunder」仮想アプライアンスは、高度なL4-7ロードバランシングやアプリケーション高速化機能、強化されたセキュリティ機能を単一の仮想インスタンスで提供し、アプリケーションを識別したサービスを動的に提供する。「vThunder」をMicrosoft Azureに統合することで、物理/仮想/クラウドコンピューティング環境全体にわたる拡張性と、一貫性のあるポリシー適用、迅速なプロビジョニングを図れ、コンピューティングリソースにオンデマンドにアクセスできる。

 Microsoft Azureを利用するユーザは、「vThunder」を利用することで、プライベート/パブリックのクラウドサービスに、高度なADC機能を統合できる上、同社のOS「ACOS(Advanced Core Operating System)」で提供が開始されたA10 Harmonyアーキテクチャの拡張性を活用して、一貫したポリシーと高い柔軟性を利用できる。

 Microsoft Azureが提供するパブリックIaaS(Infrastructure as a Service)クラウドサービス環境で、「vThunder」仮想マシンを容易な操作で数分以内に起動でき、最小限の管理工数で展開できる。物理アプライアンスと同様のADC/セキュリティ機能を利用できるほか、パブリックからプライベートに、またはプライベートからパブリックに、ワークロードやコンフィグレーションを移行できる。

 IaaSサービスを活用することで、ITシステムに関わるTCO削減を図れ、中小企業はデータセンター運用を外部委託することで、大企業と同レベルの機能やサービスを構築できる。また、IaaSサービスを使用したディザスタリカバリを利用することで、事業継続性を確保できるほか、IaaS環境に待機系のリソースを割り振ることで、物理インフラの追加不要で、突発的な規模拡張に対応できる、クラウド間のクラウドバースティングを構築できる。

 「vThunder for Azure」は、Pay-as-You-Go(従量制)とBYOL(Bring Your Own License:ライセンス持ち込み)モデルで提供され、課金体系を柔軟に選択できる。価格は、従量制が10Mbpsで1時間あたり0.43ドルから、BYOLのパーペチュアルライセンスは97万4000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ADC/ロードバランサ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ADC/ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

「ADC/ロードバランサ」関連の製品

Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】 最先端ADC「Alteon NGシリーズ」 【マクニカネットワークス】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】 Netwiserシリーズ ロードバランサー 【セイコーソリューションズ】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ
トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品 クラウド事業者の2大課題【コスト削減と差別化】解消法を伝授 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。 中小規模システムに最適なロードバランサー。必要な機能に絞り低コスト導入可能。
CLIと同じ内容が設定できる日本語Web対応。
全国オンサイト保守など設定・運用面でも安心。
トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062187


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ