日本エイサー、3D対応 HDMI1.4a端子搭載のプロジェクターを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本エイサー、3D対応 HDMI1.4a端子搭載のプロジェクターを発売


掲載日:2015/06/05


News

 日本エイサー株式会社は、ビジネスプロジェクター「X3」シリーズとして、「X133PWH」「X123PH」「X113PH」の3機種を6月5日(予定)に発売する。価格はオープン価格。

 「X133PWH」は解像度WXGA(1280×800ドット)、「X123PH」はXGA(1024×768ドット)、「X113PH」はSVGA(800×600ドット)に対応し、いずれも明るさ3000ルーメン以上、コントラスト比1万3000:1で、鮮明な映像を投映できる。

 “インスタントパック機能”を搭載し、投影終了後、電源を切らずに電源コードを抜くことができる。電源を切った後2分以内であれば、アイドリング稼働の終了を待たずに投影を再開できる“インスタントレジューム機能”や、映像入力信号が入らないまま所定時間を経過すると自動的に電源を切る“オートシャットダウン機能”、電源を入れた際にパスワード入力が必要で、無許可使用や盗難を防止できる“PINセキュリティ機能”が装備されている。

 “ECOモード”も搭載し、輝度を通常使用時から約20%落として投映できる。消費電力の削減に加え、動作音を低減し、光源ランプの消耗も軽減できる。通常時で約5000時間、ECOモード時で約6000時間対応できる長寿命光源ランプが使用されている。また、トップローディング設計が採用され、天吊りしたままランプユニットの交換を簡単に行なえるよう、本体天面に開閉口が設置されている。

 3D対応のHDMI1.4a端子が搭載され、対応機器やオプションの3Dメガネを使用して3D映像を簡単に利用できる。また、シールドエンジン設計で、埃を嫌うパーツ部位にはダストシールドを設けて密閉率を高めているほか、吸気/排気のエアフロー効率を高め、熱対策にも配慮されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062186


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ