ラネクシー、デバイス制御ソフト新版でマイナンバーの判別に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラネクシー、デバイス制御ソフト新版でマイナンバーの判別に対応


掲載日:2015/06/05


News

 株式会社ラネクシーは、米DeviceLockが開発したデバイス制御ソフトウェアの新版「DeviceLock 8.0」の出荷を6月8日(予定)に開始する。

 「DeviceLock」は、USBマスストレージ方式など様々なデバイスの制御に加え、MTP(PTP)方式でUSB接続するデバイスの使用禁止設定を行なえ、FireWireポートやWi-Fi/BluetoothアダプタなどクライアントPCの周辺機器の使用を制限することで、新しいセキュリティリスクに対応した情報漏洩の防止を図れる。

 今回の新版では、マイナンバーへのセキュリティ対策に利用できるコンテンツ認識機能が2015年秋頃(予定)に搭載される。例えば、ファイル内に数字12桁のデータがある場合、マイナンバー情報のパターンかどうかを自動判別し、デバイスへの書き出しやメール添付、インターネットへのアップロードなどを禁止できる。

 OS X 10.10(Yosemite)にも対応している。また、“ContentLock”で光学式文字認識(OCR)機能が追加されているほか、“NetworkLock”でMicrosoft Outlook Web App(OWA)の制御機能が追加されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DLP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

「DLP」関連の製品

機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】
DLP DLP DLP DLP
「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。 共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062176


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ