日本オラクル、クラウド・ファイル共有サービスの機能拡張を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、クラウド・ファイル共有サービスの機能拡張を発表


掲載日:2015/06/04


News

 日本オラクル株式会社は、包括的なPlatform as a Service(PaaS)「Oracle Cloud Platform」の製品群で、クラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service」の利便性を向上する機能拡張を発表した。

 「Oracle Documents Cloud Service」は、直感的で、「Oracle Database」を利用した優れたセキュリティを備え、“モバイル・ファースト”で設計されたファイル共有サービス。REST APIを提供し、追加課金不要で「Oracle Marketing Cloud」や「Oracle Service Cloud」などのOracle SaaS(Software as a Service)やOracle PaaS、他社製アプリケーションなどとの連係や組み込みを行なえる。また、オンプレミスのコンテンツ管理基盤「Oracle WebCenter Content」とのハイブリッド構成も予定されている。

 今回、「Office 365」との連携が追加され、「Office 365」から、「Oracle Documents Cloud Service」上のファイルの“開く”“保存”を行なえる。また、REST APIが強化され、REST APIサンプルやWADL(Web Application Definition Language)定義ファイルを提供し、より効率的な開発環境を提供する。

 グリッド表示では、リスト表示に加え、デジタル・アセット管理として活用できるサムネイル表示に対応した。同サービス内のファイルに対して、内容をテキストで記述できる“説明”ボックスも追加された。また、管理者画面から利用者管理やサービス制限・使用状況といった管理者メニューに容易にアクセスできる。

 また同社は、ユーザが同サービスを導入する際に、クラウド環境での運用や、セキュリティ確保、Oracle SaaS連携などのコンサルティング・サービスを提供する。アクセス管理やバージョン管理などを含む運用ポリシーとオペレーションを設計するほか、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、オンプレミスの複数環境を統合させた、高セキュリティで様々なニーズにあわせたソリューションをパッケージ化して設計・導入支援する。また、「Oracle Marketing Cloud」や「Oracle Service Cloud」とパッケージ化して設計・導入支援する。

 「Oracle Documents Cloud Service」の価格は、1ユーザ当たり月額利用料金1630円(最小25ユーザから)で、1アカウント当たり初期容量500GBから提供され、アップロードするファイル単体の容量は無制限。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、業務改善のヒント 【日本オラクル】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 モバイルファイル共有ソリューション 「Acronis Access Advanced」 【アクロニス・ジャパン】 社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
メールでファイル共有、やめました――6社事例で知る課題と対策 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 企業の様々なモバイルファイル共有ニーズに対応したオンプレミス モバイルファイル共有ソリューション。 社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062169


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ