Adobe、オーサリングツールキットとXML編集特化ツールの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Adobe、オーサリングツールキットとXML編集特化ツールの新版発売


掲載日:2015/06/04


News

 Adobeは、テクニカルライターに加え、ヘルプやポリシー文書の作成者、教育設計を行なうインストラクショナルデザイナー向けの、次世代シングルソース・マルチデバイスパブリッシングのオーサリングツールキット「Adobe Technical Communication Suite」の新バージョンを発売した。

 今回の新バージョンは、アラビア語やヘブライ語など、右から左に読む言語でのコンテンツのオーサリング/翻訳/パブリッシングを包括的にサポートしている。また、高度なパーソナライゼーション機能を備え、読者の検索速度を高速化できるほか、コンテンツをクリック操作でレスポンシブHTML5や電子書籍、ネイティブのモバイルアプリなどのフォーマットに出力でき、標準に準拠した双方向テクニカルコンテンツの作成の効率化を図れる。また、タブレット/スマートフォン/電子書籍リーダ/Web/デスクトップへのシームレスな配信を通じて、コンテンツの利用範囲を拡張できる。

 主要コンポーネントがアップデートされていて、オーサリング/パブリッシングのソリューション「Adobe FrameMaker」は、簡素化されたフォームベースのXMLオーサリングや、よりスムーズなWord文書の取り込み、直ちに使用できるモバイルパブリッシング機能などの新機能を備えている。

 オーサリング/モバイルパブリッシングのソリューション「Adobe RoboHelp」は、ダイナミックなコンテンツフィルタを備え、関連する情報をより素早くエンドユーザに配信できるほか、17種類の出力フォーマットをサポートし、デバイスに非依存でパブリッシングを行なえる。

 なお、スイートには、Adobe Captivate 8やAdobe Presenter 10、Adobe Acrobat Pro DCも含まれ、eラーニングとハウツーデモの作成、動的なビデオプレゼンテーション、優れたPDF機能が統合されている。

 また同社は、XML編集に特化したツールの新版「Adobe FrameMaker XML Author」も発売した。容易に使用できる簡素さとパワーを備えた、高能率のオーサリング/パブリッシングのソリューション。分かりやすいフォーム形式のオーサリング環境を備え、XMLプログラミングの複雑さを気にせずに、有効なXMLを書ける。また、「FrameMaker」と同じユーザインターフェースが採用され、モバイル機器を通じて作業に加われるため、レビューと承認のサイクルの短縮を図れる。


出荷日・発売日 2015年6月3日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062167


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ