NEC、大規模データセンター向けSDN対応スイッチ2機種を発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、大規模データセンター向けSDN対応スイッチ2機種を発売


掲載日:2015/06/02


News

 日本電気株式会社(NEC)は、通信事業者やサービスプロバイダの大規模データセンター向けに、サーバーラック数千相当のネットワーク構成に対応するSDN対応スイッチを発売した。

 今回発売されたのは、10GbE×48ポート/40GbE×6ポートのインターフェースを備え、サーバーを集約できるToR(Top of Rack)スイッチ「PF5340-48XP-6Q」と、40GbE×32ポートで複数ラックを集約できるアグリゲーションスイッチ「PF5340-32QP」の2機種で、高さは1uサイズ。

 QinQフレーム方式や、OpenFlow技術と端末アドレス自動学習機能を組み合わせた転送方式を採用することで、最大64万個までのVLANを利用できるほか、テナント・ユーザが自由にVLAN IDを設定でき、ベアメタルサーバや仮想サーバの収容でも、VLAN IDのネットワーク内での一意性をシステムが自動的に担保し、運用管理工数の軽減を図れる。

 また、同製品を制御するPFシリーズのSDNコントローラと組み合わせることで、最大6万4000ユーザを仮想テナントネットワーク(VTN)に収容でき、数千ラックに相当するSDN対応の大規模データセンターのネットワークを構築できる。なお、同製品で採用しているQinQフレーム方式は、オーバレイ方式のサーバー間接続に採用されることが多いVXLAN/NVGRE/MPLSなどのカプセル化に比べフレーム・オーバヘッドが小さく、ハードウェアを利用した高速/低遅延な接続を行なえる。

 OpenFlow技術と端末アドレス自動学習機能を組み合わせた転送方式を採用したことで、様々な条件に合わせてスイッチ間の接続構成を組めるため、スモールスタートから大規模ネットワークまで柔軟にネットワークを構築できる。Open Compute Project(OCP)のデータセンタースイッチ仕様に準拠している。


出荷日・発売日 2015年6月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

中堅・中小企業にこそメリット、ネットワーク仮想化にまつわる3つの成功談 【ヴイエムウェア+他】 ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する 【ヴイエムウェア】 ネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由 【ヴイエムウェア+他】 物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由 【ヴイエムウェア+他】 ネットワーク仮想化、そして「SD-WAN」 注目技術はどこまで使える? 【ネットワンシステムズ株式会社】
SDN SDN SDN SDN SDN
「中堅・中小企業にネットワーク仮想化は不必要」という考えは誤りだ。ネットワーク仮想化によって、高いセキュリティと運用の効率化を実現した組織の成功談を紹介する。 ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。 サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。 ネットワーク仮想化、そして「SD-WAN」 注目技術はどこまで使える?

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062120


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ