アクティフィオ、開発/テストのサイクルを短縮する仮想化を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクティフィオ、開発/テストのサイクルを短縮する仮想化を強化


掲載日:2015/06/02


News

 アクティフィオジャパン株式会社(アクティフィオ)は、サポート強化と開発/テストのサイクルの短縮を図れる、データ仮想化ソリューションのコアテクノロジーの新版「Virtual Data Pipeline(VDP)テクノロジー 6.1.2」の提供を6月1日から順次開始する。

 「VDPテクノロジー」は、同社のデータ仮想化ソリューションの物理アプライアンス「Actifio CDS」と仮想アプライアンス「Actifio Sky」を支えるテクノロジー。両製品は、組織の様々なデータを仮想化し、データ重複を排除した“ゴールデンコピー”として統合することで、バックアップや開発テスト、スナップショット、災害対策、データ分析まで様々な目的でデータを即座に利用できる。

 今回の新版では、データ仮想化のコアテクノロジーに加え、開発/テスト/バージョンアップといったアプリケーションデータ管理でのライフサイクル全体を自動化する機能が強化されている。

 役割に応じたアクセス制御機能を備え、アクセス権限を持った利用者は数回のクリックで安全/即座に最新のイメージコピーにアクセスできる。また、取得しているイメージコピーを即時に利用できる“インスタントマウント”機能が拡張され、本番データの過剰なコピーを抑えられる。

 本番データと自動的に同期する“LiveClone”と自動データマスキング・ワークフローの機能強化によって、セキュリティを高めながら効率的で省容量の開発/テスト環境を確立できる。また、ストレージ要件を最小化しながら、テスト/開発環境向けに使用するクローンを管理者が保護/複製/復元できるほか、新しいRESTful APIにより、DevOpsで活用されるChefやPuppetなどの管理フレームワークへ簡単に統合可能。

 管理者は1つのデータ保護ポリシーでDBとログファイルを管理できる。利用者は復旧だけでなく、アプリケーションの開発/分析/検査などの目的で、任意の時点または状態(シーケンス番号)のDBを再現できる。

 OracleがASM(自動ストレージ管理)から実行されている場合、ASMディスク・グループを使用してネットワーク経由でOracle DBの保護と即時の復元を行なえる機能も備えている。また、1度のクリックで同時に数百台のVM(仮想マシン)を復旧できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則 【Commvault Systems Japan+他】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ バックアップ環境事例:小松製作所 重複排除で伝送量を85%削減した方法

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062118


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ