テラスカイ、「SkyVisualEditor」認定資格制度を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テラスカイ、「SkyVisualEditor」認定資格制度を開始


掲載日:2015/06/02


News

 株式会社テラスカイは、「SkyVisualEditor」を利用して適切な開発を実施できる技術者の育成を目的とした認定資格制度を、7月より開始すると発表した。

 「SkyVisualEditor」は、Salesforceの画面をノンプログラミングで開発するためのクラウドサービス。ユーザ企業に加えてシステム開発会社でも開発期間の短縮や、運用フェーズでの改修を目的として利用でき、拡張開発機能を利用すれば、高度な開発を行なうこともできる。

 テラスカイによると、ユーザ企業からの提案依頼時に、要件として同サービスの利用を指名されることも増えてきており、開発技術者の人員不足に加え、技術者のスキルレベルに対する問い合わせも多くなってきたという。このような背景から、同サービスの技術者育成を目的とし、スキルレベルを客観的に開示する認定制度をスタートすることにしたと述べている。

 今回の資格制度では、「SkyVisualEditor」の認定資格者をテラスカイのWebサイトで公表し、ユーザ企業にスキルレベルを客観的に開示するという。また、技術者のスキル向上・維持を促進し、技術者のモチベーションの向上を図るとしている。更に、技術者フォーラムや技術情報メールマガジンなどにより、「SkyVisualEditor」の最新情報や専門技術情報をいち早く共有すると述べている。

 初回の認定試験は、7月15日に実施し、この認定制度によって、有資格エンジニアの初年度50名育成を目指すと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】 「仮想化インフラについての課題」意識調査 【ヴイエムウェア】 「アプリケーション仮想化」に関するアンケート 【ヴイエムウェア】
社内SNS 社内SNS IaaS/PaaS 垂直統合型システム その他仮想化関連
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは Amazonギフト券5000円分が当たる:「仮想化インフラについての課題」意識調査 Amazonギフト券5000分が当たる「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062109



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ