矢野経済研究所、静電容量方式タッチパネル・部材市場調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、静電容量方式タッチパネル・部材市場調査を実施


掲載日:2015/06/02


News

 株式会社矢野経済研究所は、静電容量方式タッチパネル(TP)及びその部材の世界市場について調査を実施したと発表した。

 調査期間は1月〜4月、調査対象はTPメーカー、透明導電性フィルムメーカー、カバーガラスメーカー、OCAメーカー、引出線材料メーカー、ハードコートフィルムメーカーなど。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による面接取材/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査での静電容量方式TPとは、アウトセルタイプの静電容量方式TPモジュールに加え、インセルタイプ・オンセルタイプのタッチ機能内蔵型ディスプレイを対象とした。オンセルにはOCTA(On Cell Touch AMOLED、タッチ機能付有機ELディスプレイ)が含まれている。また、静電容量方式TP部材とは、透明導電性フィルム、カバーレンズ、OCA(Optical Clear Adhesive)、引出線材料、ハードコートフィルムなどの部材を指す。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、静電容量方式TP世界市場は、米国や日本など先進国を中心にスマートフォンやタブレット端末市場の伸び率が鈍化していることで、2015年の同市場(メーカー出荷数量ベース)を前年比108.0%の17億7200万枚と予測するという。

 2つめは、2014年のミドル・ローエンドのスマートフォン端末向けTPの構造は、G1F(ITO付きカバーガラス+片面ITOフィルム1枚)からGF1(カバーガラス+片面ITOフィルム1枚)への代替が進展したと述べている。GF1は、GFF(カバーガラス+片面ITOフィルム2枚)よりITOフィルムとOCAが1枚ずつ削減できるため部材調達コストが下がり、端末メーカーのコストダウン要望に対応できるほか、端末の薄型化も可能にしているという。

 3つめは、最近、中国新興スマートフォンメーカーでは、ハイエンドのスマートフォン端末に関して、インセルやOCTAの搭載率を高めている。この動きに歩調を合わせる形で、複数のディスプレイメーカーはタッチ機能内蔵ディスプレイの開発・生産を本格化しており、2015年はインセル・オンセルなどタッチ機能内蔵型ディスプレイの市場拡大が加速すると予測していると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062108



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ